カテゴリ:日常( 27 )

アホンダラ兄弟達よ、真昼間から呑もうぜ

昔からのダチと銚子駅近くの吉原食堂で真昼間から呑んだ。
急と言えば急で3人で呑んだんだが趣味趣向バラバラ(笑)
それでも俺らは30年以上、こうして遊んでいる。
話弾みすぎて途中から記憶無くし、気が付いたら家で寝とった。
ただイワシフライ喰らったのは覚えている(笑)
俺らはクソジジィになってもこうして呑んでるんだろう。

  • 何となくだが、俺の理想は麦わら一味よりルパン一味。
    この場合、銭形も一味に入るが、いつもつるんでいるのはルパンと次元だけで、他はいざという時にしか集まらん。
    その代わり集う時の人間POWERは無限。
    ワンピースは好きだがルパン一味の在り方が俺は好きだ。

  • 俺らもそんなところがある。
    いざという時のダチ公達の凄さは俺が一番知っている。
    f0263613_21444675.jpg
    f0263613_19590055.jpg


    [PR]
    by boogie444 | 2017-12-06 20:00 | 日常 | Comments(0)

    ガキの頃から好きなものはあまり変わらんのう

    ガキの頃、カッコいいと思ったものは、ほぼ変わりませんな
    肌寒い季節にCREAM SODA
    今でもキーホルダー、Tシャツ、財布など、日によって違うが今でも身に着けている。

    考えりゃダムド、ルースターズ、リンクレイなど、田舎のクソガキが衝動受けたものを、今でも感じられるという事は、凄く幸せな事なんだろうな。


    それで先日のことで話は飛ぶが、俺は腰骨ひん曲がり、いわゆるヘルニアなのだが、かつての半月板損傷と痛みがダブルで来て動けんかった。
    こういう時はひじょうに自分自身、腹が立つもので、無理やりヒンズースクワットやったら悶絶。
    だが暫くしたら動けたので、もう大丈夫だ。
    やっぱり大したことないのう。押忍。
    そういう訳で、根性、根性、ど根性。
    心にげんのうぶら下げて、明日も世知辛い世の中を行きますか。
    f0263613_01334900.jpg
    f0263613_01340608.jpg


    [PR]
    by boogie444 | 2017-11-18 01:34 | 日常 | Comments(0)

    柴又から新松戸へ

    地元のダチと柴又にてさくら像。
    柴又には古いスカジャンがよく似合う。
    そんな街、俺は好きだな。
    闊歩しているだけでも面白い。


    その足で旧友の美容院に行き12/9すべてのアホンダラ達へvol2のフライヤーを置いてもらう。
    学校ドロップアウトし上京、柴又で一旗上げるなんてスゲぇよな。
    あの頃から何十年だ?
    当日は最高の夜にして最高の乾杯しようぜ。

    その後、新松戸FIREBIRD、ゆなっぺ誕生祭に行く。
    ひじょうに盛り上がり温かく良い企画でしたな。


    近況、先月で娘の学費、寮費、その他諸々、振込終了。
    自分で言うのも何だが一汁一菜切り詰め、よくぞ這いつくばってきたのう!
    ストロングスタイルだ。
    これでまた堂々と借金出来るで(笑)
    返済吞み会だな! アホンダラ万歳!


    f0263613_20053050.jpg
    f0263613_20102971.jpg


    [PR]
    by boogie444 | 2017-10-10 20:11 | 日常 | Comments(0)

    命日

    f0263613_23100554.jpg

    [PR]
    by boogie444 | 2017-08-11 23:10 | 日常 | Comments(0)

    安全靴

    昔、欲しいブーツ買えんでな。
    ワークショップで安いロングの安全靴を買って、紙ヤスリで光沢落として、アパートのブロック壁に散々擦り付け、靴紐変えて、どこに行くにも履いとった。
    そんな風にしてるとオリジナルな思い入れが出てきてな。
    相当年数たってるが昨日も履いてた。

    まぁ今もそんなに変わらんが、欲しいもん手に入らんでも、多少の知恵ありゃ世の中結構楽しめるだろ。
    このブーツ見てると特にそう思える。

    f0263613_21262927.jpg

    [PR]
    by boogie444 | 2017-07-05 21:26 | 日常 | Comments(0)

    朝日の昇る頃

    朝日の昇る頃まで呑み続け、ぐでんぐでんになりながら銚子観音銀座通りにある再来軒で、カツ丼食えなくなったら野郎として終わりだのう!

    先日、旧友らと久々にそれを実行したのだが、この年になると流石にちと辛い。
    だが皆、意地になり完食。
    それが俺とコアなる仲間達との唯一鉄の掟(笑)

    ...

    アホンダラ万歳!

    日々忙しく、世の中、下らねぇ事もあるが正々堂々と真っ直ぐに行こうじゃねえか。

    さて、次のライブは以下。
    無茶苦茶、楽しみだ!
    是非宜しく!押忍!

    7/9日 新宿レッドクロス
    アリゲーターブルースpresents
    〜彗星関東衝突記念〜
    “CLASH BLAST IMPACT”

    彗星(米沢)/無限放送/JET GENNOUS/AGU/アリゲーターブルース

    18:00/18:30
    2000円/2500円

    f0263613_07551800.jpg


    [PR]
    by boogie444 | 2017-06-24 07:56 | 日常 | Comments(0)

    次は年末近くだな。

    本日、娘が花の都、大東京へと。
    次の帰省は年度末近く。
    後期寮費、成人式の着物レンタルの支払いも済んだしのう。
    たった一人の力じゃ厳しいが、踏ん張り続けりゃどうにかなるだろう。

    それで昨日は仕事残業終わり家に帰ると、すぐに晩飯の支度にとりかかる。
    メヒカリの唐揚げ、煮物、ひじき、いつも漬けているぬか漬け等、二人で飯喰らう。
    なるべくファミレスなどで喰えんものを心がけているが、我ながら旨かった。
    流石に一年以上自炊続けりゃ、これくらい作れるようになる。

    帰省中は嫁の仲間、俺の仲間が場を作ってくれて、何回か娘を連れて呑んだり飯食ったりして楽しんだ。
    こういうのは世間じゃなかなかないと思うんでな。
    まったく、ありがたい。
    素晴らしいアホンダラ、万歳だ。

    腰も目も最近上向いている。
    まだまだ踏ん張らんとな。
    今月は全て予定が埋まっているが、来月は一日くらい休めるかな?
    まぁ結局、動いてしまうんだろうがな(笑)
    f0263613_2392572.jpg

    f0263613_239512.jpg

    [PR]
    by boogie444 | 2016-09-15 23:09 | 日常 | Comments(0)

    一年


    先日、信号のない横断歩道で車椅子に乗った人が待っていたので俺は車を止めた。
    しかし、対向車線の車が一向に止まらず、俺の後ろにはすぐに渋滞が出来上がった。
    やっと対向車線の車が止まり、車椅子の人は横断し終えると、俺に何回も何回も頭を下げていた。
    ここまで礼を尽くすと言う事は俺の行為が普通じゃないからだ。
    もし渋滞の車がクラクションでも鳴らそうもんなら、俺はブン殴っていただろう。

    俺らも散々邪魔にされ、無関心を装わられた。
    口先だけの心無い言葉を浴びせられた事あった。

    だからじゃねぇが、畜生、世間や多数決には絶対負けねぇよ。

    去年、6/12、俺と嫁は国内の治療が尽きたと告知された。
    海外でも無理だと言う。
    俺のその時の気持ちは言い表す事は出来んし、しない。
    ただ嫁は俺をずっと見ていた。そして笑顔を見せた。
    その姿を見て俺は生まれて初めて号泣した。

    それから約2ヶ月、壮絶ながらも俺らは懸命に過ごした。
    当たり前だが、俺らは、絶対、最後の最後まで諦めんかった。
    病院は休日、平日、問わずいつも人が来てくれた。
    嫁は色々な事を思い出せんようになっていったが、家族や仲間の事だけは命尽きるまで忘れんかった。

    遠方の友人からもエールも数えきれんくらいあった。
    葬儀には二日で約500人も集まってくれた。
    その後も力強いエールを貰った。

    今も変わらんが金はいつもスッカラカンだったよな。
    だけど、人脈こそ俺と嫁の生きてきた証のひとつだった。

    今年の6/12は早朝から墓参りに行った。
    いつもの事だが掃除して花を添えた。
    あくる日はいずみちゃんからもらった花をさらに添えた。

    葉隠(武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり)と山本常朝は言ったが、俺は愚直でもくたばるまで、生きて、生きて、生き抜こうと思う。
    [PR]
    by boogie444 | 2016-06-22 20:37 | 日常 | Comments(0)

    謹賀新年


    人間POWER、昨年中は誠にお世話になりました。
    遅ればせながらあけましておめでとう。
    今年もアホンダラ万歳の心意気と恩恵を胸に、己なりに邁進したいと思っとります。押忍。

    12月は休日返上で肉体労働勤しむ日々が多かったが、正月休みは多少ゆっくりとした時間を過ごしとりました。
    年越しは新松戸FIREBIRDでGIG。
    毎年恒例、帰省した仲間との呑み会。
    旧友らとは昼間から呑んどったな。

    先日は娘と大事な用で東京に行き、少しの合間にピンクドラゴンに行った。
    初めてクリームソーダに行ったのは13歳の時。
    ガレッジパラダイス東京だったな。

    ガキの頃、GENE VINCENT,EDDIE COCHRAN,JOHNNY BURNETTEに始まりBENNY JOY,.CHAN ROMERO,.BILLY LEE RILEY,そしてLINK WRAY などを聴きまくっとった。
    それらを聴くとあの頃を強烈に思い出すのう。

    娘がTEMMYEのTシャツを欲しがっていたので買ってやったが、親子で好きなものを共有出来るのは悪いことじゃないだろ。

    そんな訳で本年度も皆々様宜しく願います。
    色々大変な事もあるだろうが、日進月歩、日々鍛錬。
    這い蹲ろうと思っとります。押忍。
    f0263613_2054319.jpg

    f0263613_20552698.jpg

    [PR]
    by boogie444 | 2016-01-12 20:55 | 日常 | Comments(0)

    ありがとう

    千葉での入院から、次元の違う世界に突入した。
    それは今までの感情や体力、気力とは比べ物にならないものだった。

    嫁は最後まで立派だった。
    本当に立派だった。

    喋れず、体は動かせず、目が不自由になっても、目蓋を少しでも動かし、手を少しでも握り返し、最後まで、問いかけや励ましに応えてくれた。
    数度にわたる最後通告にも、その度、驚異的に持ち直した。

    よく人から、俺は自分の命を削り嫁を守っているんじゃないか?、と言われた。
    とっくに精神も肉体も限界を超えているんじゃないか?、と言われた。

    冗談じゃねえ。

    俺はそんな嫁にパワーをもらい続けていた。
    だから心が折れない絶対的な自信があった。

    8/11、嫁は永眠した。

    「あなたがいれば大丈夫」
    嫁は殆んど話せなくなった頃、よく呟いた。
    俺はその言葉を思いだし何度も落涙した。
    そして自分の無力さを心底悔やんだ。

    葬儀では初めての喪主を務め、葬儀屋が驚くほど、多くの人が集まってくれた。

    人間は凄い。

    それは感謝なんて言葉じゃ尽くせんほどの想いが根幹に響く日々でもあった。
    f0263613_21305258.jpg


    慌ただしい日は続くが、俺と娘は嫁の生きざまを誇りに思ってこれからも往く。

    今まで本当にありがとう。

    今、俺が嫁に想うのは、その気持ちが一番だ。
    [PR]
    by boogie444 | 2015-08-30 21:31 | 日常 | Comments(0)