カテゴリ:歴史&散歩( 30 )

無人寺にて昼下がり候

何でもそうだと思うが、後世に名を残したものだけが凄いもんだとは限らん。

銚子の無人寺にて昼下がり候。

何百年もの風化劣化に逆らう仁王門の力士像。
ボロボロながらも凄み垂れ流しそびえる。

国宝、大河、世界遺産で賑わうのも素晴らしい。
されど有難やは、己の街にも眠っているんじゃねぇかとも思える。

話飛ぶが先日言いようもない体調不良に見舞われた。
ちょっと病院行ってた事もあってな。
だから腹いっぱい飯喰らい、鉄アレイで体鍛えまくった。

治った。
もう大した事はねぇな。
押忍。

f0263613_19573219.jpg


[PR]
by boogie444 | 2017-11-06 19:58 | 歴史&散歩 | Comments(0)

銚子浄国寺にて

義母一回忌にて銚子浄国寺。
別場所、姉貴の舅も一回忌。
同日同時刻だったんで夕刻訪れる。

この寺には松尾芭蕉の石碑があるが、当人が訪れた記録は無いらしい。

細かい事は気にせん。
それがどこかヒップで好きだ(笑)

その後、妻の墓参りへと。
娘も帰省してたんでな。

今も時間あれば自然と墓へと足は向く。
それはこれからも変わらんだろ。

今年の新盆は内輪や仲間の家族、多かった。
うん、多かったな。
なかなか落ち着けんな。



そろそろダボシャツ、雪駄じゃ寒い。
もうじき革ジャンの季節。
今はやはりスカジャン、ベトジャン、スカジャージ。
古着やダチ公からの貰い物ばかりだけどな。

着るもの、行く場所。
それを考えりゃ季節も面白い。
こういうのは幾つになっても、気にしていきたいし、楽しみたい。

まだまだこれからも楽しまんとな。

f0263613_21181333.jpg
f0263613_21183340.jpg
f0263613_21191447.jpg




[PR]
by boogie444 | 2017-10-17 21:20 | 歴史&散歩 | Comments(0)

休日、無人寺にて

このブログでも何回か書いてきたが、銚子常世田町にある無人寺、常世田薬師。
現在、修復も終え、この寺を長い間守ってきた近隣住民の熱意と使命には誠に感服する。

休日、昼の日中に無人寺。

一度、行ってみな。
岩盤削り二つが繋がる洞窟と連なる石造。
今はないが嘗ては時を告げていただろう鐘。
長い間、軒下に仏像を眠らせていた本堂。

寺というと檀家や墓を思い出すが、銚子地方じゃ非日常的な無人寺。
何とも不思議な空間が広がってくる。


f0263613_19544056.jpg
f0263613_19551872.jpg


[PR]
by boogie444 | 2017-10-04 19:55 | 歴史&散歩 | Comments(0)

終戦記念日

大東亜戦争末期、下志津陸軍飛行学校銚子分教所から特攻隊18機出撃。
17人戦死、一機不時着。

単なる比率じゃないが、三度にわたる銚子大空襲は、人口比率でいえば東京大空襲を上回り多くの死傷者を出した。

...

昨日、終戦記念日。
毎年恒例、銚子忠霊塔と特攻隊を弔う翔天の碑に行ってきた。

かつて俺が幼き時分、親父に連れられて来ていた頃は、多くの人が弔いに来ていたんだかな。
毎年、少なくなり、この日のみ開帳する忠霊塔の門は早くも閉められ、市民は誰もいやしねぇ。

だが市や人がどうであれ、俺は、この日、この場所に行くのをやめねぇよ。
ずっと1人でも続けてきた事だしな。

マイノリティ上等。
アホンダラ万歳。

上っ面の多数決や流れには負けてたまるかよ。
それが俺のパンクなんだよ。
忘れちゃならねぇ事は、何事も忘れちゃならねぇよ。

f0263613_23172327.jpg
f0263613_23173904.jpg
f0263613_23181862.jpg


[PR]
by boogie444 | 2017-08-16 23:19 | 歴史&散歩 | Comments(0)

休日

銚子駅のすぐ近くにある吉原食堂にダチと行く。
銚子には繁盛している個人の飲食業がけっこう点在しているが、この店は最高だ。
この日も真昼間から様子の悪い爺さん、婆さん達がイワシフライ食いながらビールを呑んどった。
なんかこういうのって良いよな。
メインに対するそんなカウンターカルチャーも街には必用だと思うがな(笑)

それから久しぶりに銚子常世田薬師に行った。
銚子で無人寺は二つあるが、近隣住民が管理する完全なる無人寺はここだけで、千葉県全域でも珍しいじゃねぇの?
ここは、かつて軒下からデカい仏像が見つかり、大騒ぎになった場所だが、俺は金箔も芸術も仏門にも精通してない。
しかし、無人になった場所を代々守って来た住民の熱意は何となく分かるような気がする。
俺にとって神社仏閣はあくまでも歴史。
それを知ってりゃ街の見方も変わる。
コンクリートや単なる人口で街の優越なんて決まんねぇよ。

その前日、パークダイナーに穴虎69の企画に遊びに行く。
ダチに迎えに来てもらい、土浦の兄弟とも合流し、知った顔とも会えて楽しい時間だったのう。
日々忙しいが都合つけばライブハウスにはなるべく遊びに行きたいよな。

f0263613_21383643.jpg
f0263613_2139072.jpg

f0263613_21392968.jpg
f0263613_21395567.jpg
f0263613_2140940.jpg

[PR]
by boogie444 | 2017-05-24 21:41 | 歴史&散歩 | Comments(0)

謹賀新年

謹賀新年。押忍。
あけましておめでとうございます。
不詳ながらも本年度も何卒御宜しく願います。

年の瀬、ふらり上野へ。

ふたつなき 道にこの身を 捨小舟
波たたばとて 風吹かばとて

大西郷どんはこの辞世の句の頃より「政府に尋問の筋これあり」と立ち上がった頃のが好きですな。

やはり多数決より大義。
今年もそれにて推参。押忍。
f0263613_2203566.jpg

[PR]
by boogie444 | 2017-01-06 22:00 | 歴史&散歩 | Comments(0)

銚子川口神社、吉田松陰碑

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 
留め置かまし 大和魂

幕末、吉田松陰、来銚。
時勢、現状への漢詩を詠む。
後に銚子川口神社、参道に石碑が建立される。

娘が幼い頃、よくここで遊んだな。
それでちょうど娘が帰省してたうえに、近くに用事があったんで寄ってみた。
どんなに忙しくともこういう時間は大事だな。

若き頃一人旅にて、会津から長州萩、松下村塾まで行き、九州でスッカラカンになったのを思い出したな。
確か3キロ体重が減ってたと思うが巌流島も良かったな。
なんてったってアントニオ猪木とマサ斎藤が2時間以上、殴り合った場所だからな。
まったく、素晴らしいアホンダラ万歳だ。
f0263613_22365047.jpg

f0263613_2237773.jpg
f0263613_22372923.jpg

[PR]
by boogie444 | 2016-11-10 22:40 | 歴史&散歩 | Comments(0)

終戦記念日

新盆なんでな。
家から離れるつもりはない。

だが8/15の終戦記念日は別。
だから早朝早起きして娘と銚子忠霊塔に行って来た。

真夏は地域を盛り上げる様々なイベントが多い訳だが、俺にとってこの行事は最重要事項。
誤解を承知で言えば花火大会などの市を上げてのイベントより大事だと思う。

前にも書いたと思うが銚子大空襲は人口比率でいえば東京大空襲の死亡率を上回る規模のものだった。
これは当時の銚子が首都東京への食料供給を大きく担っていた為、意図的に狙われたものだった。

俺の親父は銚子大空襲が行われた、幼き頃、本家に下宿していた従兄弟の兄ちゃんと爆撃の下、逃げていたと言う。
ところが従兄弟の兄ちゃんは親父の目の前でB29の落とす焼夷弾に粉々にされた。
その時、遠くはぐれてしまっていた親父の姉貴は、死体の山の中、爆撃の轟音の中、断絶魔の絶叫の中、全ての音が消え、親父の叫び声がはっきり聞こえたという。
極限状態では、こういう事が起こるという。
俺はあまり非科学的なものは信じんが、こういう事って本当にあるんだろう。
俺にも去年にたような経験がある。

親父の姉貴、俺から見れば叔母だが、俺は幼い頃、この人に預けられ育まれたと言っていい。
叔母の亭主は日本刀を所蔵し、山岡鉄舟や伊庭八郎を敬愛する好漢。
自宅は銚子忠霊塔のすぐ近くにあり、俺の原風景はここにあると言ってもいい。

昔、俺が毎年大東亜戦争終結日に忠霊塔に行くと言うと、右翼と言った奴がいた。
アホか。
亡くなった英霊の前では右も左もありゃしねぇ。
今年も寂しいほど人がいなかったが、俺にとっては誰も行く人がいなくたっても関係ねぇよ。
俺が若い時はいっぱい人がいたんだがな。
まったく関係ねぇよ。
f0263613_2019999.jpg

[PR]
by boogie444 | 2016-08-15 20:21 | 歴史&散歩 | Comments(0)

銚子中島城と東庄、笹川茂蔵のブラックダイス

大河ドラマは最初見てほとんど見なくなってしまうんだが会津の八重の桜と、真田丸は面白いですな。
真田丸はいよいよ未曾有の大群での小田原攻めだが、その頃の銚子も無関係だったわけではない。
銚子の領主、千葉一族海上氏は北条氏との関係が深く命運をともにすることを決意。
徳川別働隊は銚子に突入し海上氏の居城だった中島城を攻め落とし領主としての海上氏はこれで滅亡した。

長くなるので省くが、中島城は片側が絶壁、片側が平地の平山城。
周囲を流れる高田川が堀の役目を果たす天然の要害だ。

ただ場所はおろか、存在自体誰に聞いても知らんので、もう15年くらい前か?
自力で中島城を探し出したんだが、その時、悪徳産廃業者と間違われ、自警団と番犬10匹くらいにいきなり囲まれた事もあった。

真意も知らんで自分の正当性だけを振りかざすやつは好かん。

この時、あまりの俺の剣幕に向こうは折れてあやまったのだが、当時の銚子は産廃銀座と言われ山林への不法投棄でよくマスメディアに取り上げられていた。
なんせ中島城はひじょうに分かりづらい場所で周辺は狙われやすい。
だから自警団も懸命だったんだろうな。

中島城は今や畑で小さな石碑がひっそりとたつだけ。

それと銚子の隣にある東庄町。
その東庄町には天保水滸伝で有名な稀代のアウトロー、笹川茂蔵親分の墓がある。
博徒だったので墓の前にはブラックダイス。
そのセンスがたまんねぇな。
もともと相撲取りあがりだったので、今でも東庄町には夏になると相撲部屋が夏合宿にやってくるんだろう。

やっぱり街は深い。
面白いものがある。
だからまったく暇にはならねえな。押忍。


それで話は飛ぶが来月7/3は独演会企画、銚子観音バースト横丁、其ノ二だ。
会場となるGARDENの場所は国道と銀座通りの中間、銚子観音の目の前、中央緑地帯、居酒屋時代屋の二階。
open 18:00 start 18:30 ¥2000(1d) 全学生無料。
act/ユダ(HONEY MAKER)
パッチ(VIOLETS/GYOGUN REND'S/Radio Caroline)
いっきゅう
リョースケ&ツッチー
ココア(2&S)
シュウジ(JET GENNOUS)

自信をもってお送りする強力面子。
シークレットゲストもあるで。
是非のお越しをお待ちしとります。押忍。
f0263613_224334.jpg

f0263613_2292269.jpg

[PR]
by boogie444 | 2016-06-17 22:05 | 歴史&散歩 | Comments(0)

大原幽学、捨てがたきは義なり。


江戸時代後期、世界で初めて農業共同組合を立ち上げた大原幽学。
その史跡が近場の隣市にあるので、旧友と久々に行ってきた。

この時代、農民が結束すれば一揆を連想され奉行所に睨まれる。
農民が懸命に働けば博徒が困る。
しかも、時代は天保水滸伝で有名な飯岡助五郎と笹川茂蔵が激烈な縄張り争いをしていた頃。
大原幽学は権力からも博徒から滅多くそに叩かれ、しまいには囚われ、戻ってきた時、村はすっかり荒廃していた。

それを憂いた大原幽学は木に寄り添い、立ったまま切腹する。
その短刀に刻まれた文字は、(難舎者義也)「捨てがたきは義なり」
これは憤慨なのか、俗世間に対するアンチテーゼなのか、分からんが、まったく凄まじすぎる生き方だ。

この辺は映画にもなっとるし、勝新太郎で有名な映画、座頭市にも飯岡(旭市)、笹川(東庄町)、松岸(銚子)の地名が頻繁に出てくる。
しかし、史跡には相変わらず誰もいなかったがのう(笑)
やけに凛とする場所だ。
f0263613_19592549.jpg
f0263613_19594633.jpg
f0263613_200334.jpg
f0263613_2004742.jpg

[PR]
by boogie444 | 2015-06-02 20:00 | 歴史&散歩 | Comments(0)