<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夜明け前

土曜日は我が住む街にて久々にGIG。
今回は前からやろうと思っていたアンナとのユニットで出陣。

JAZZやBLUESやSOULの中でGARAGE PUNK。
そもそも(カッコイイ)にジャンルは不要だし、俺はジミースミス、アルバートキング、オーティスレディング等、好んで聴く。
だから全然有りだと思うし、ガキの頃から好きなLINK WRAY、DALE HAWKINS、HENRY MANCINIをCOVER
会場も盛り上がったな。

しかし、不思議なもんだ。
かつて俺が銚子でGIGをすると。必ず問題が起こり背を向ける客も少なからずいた。
だが、今は俺が無茶しても喝采が起こる場合がある。
先日、友人たちとそれらについて話したのだが、きっと皆慣れてきたのだろうとの結論に至る。
正解かどうか分からんが、まぁ、今まで接点もなかった人たちともクロスすると言う事は決して悪い事では無いと思う。
f0263613_10442765.jpg
f0263613_10444529.jpg
f0263613_104554.jpg
f0263613_10453398.jpg

LIVE後、旧友達の忘年会に顔を出し、少し寝て家族と筑波山に紅葉&登頂。
そんで帰ってきて世話になっている友人夫婦たちと家族で早い忘年会。
登頂はまた別の機会に書くが、 本日は久々、バンドのスタジオ入りだ。
完成させるぞ新曲を。
[PR]
by boogie444 | 2013-11-25 10:49 | JET GENNOUS AND MORE | Comments(0)

最近の読後談

(ハサミ男)を初めて読んだ時。
(鏡の中は日曜日)を初めて読んだ時。
本格推理小説、叙述トリックというのは本当に面白いなと思ったのを昨日の事のように思い出す。
その殊能将之さんが亡くなったを最近知った。
殊能氏の作品がもう読めないと思うとひじょうに悔やまれる。
遅ればせながら謹んでお悔やみ申し上げます。
f0263613_2044313.jpg

相変わらず、俺は本を読み続けている。
あまりTVを見ないので、その代わりと言ってもいい。
最近、面白いと思ったのは七尾与史の(殺戮ガール)かな。
(死亡フラグが立ちました!)があまりにも面白かったので読んだのだが、また作風が違いこれはこれで楽しめた。
この作家の本は全て集めたい。
f0263613_20563785.jpg

このミス大賞繋がりで言うと、(さよならドビュッシー)関連も全て網羅した。
それは(さよならドビュッシー)を遡るものもあるので、各登場人物の運命が切なくも思える。
これは伏線の素晴らしさ。
だが、俺は(さよならドビュッシー)が一番、楽しめた。

道尾秀介も2冊ほど読んだ。
グロい描写はどうにも苦手だが、(ラットマン)は面白かった。

そして久しぶりの中村彰彦氏。
やはり俺はあらゆる歴史作家の中で、この人が一番。
その切り口や歴史に埋もれた大人物の発掘等、尊敬してやまないものがある。
f0263613_2121396.jpg

他にも無数に読んだのだが、その他諸々はまた後の機会に。
[PR]
by boogie444 | 2013-11-17 21:06 | 日常 | Comments(0)

吉田東吾博士終篇碑、銚子海静寺

足掛け13年にも及んだ大著、大日本地名辞書。
その著者、吉田東吾博士の終篇碑がある銚子の海静寺。
f0263613_1948021.jpg

博士は晩年、肝臓を患いながらも執筆活動を続けたが、静養先に銚子を選ぶ。
1918年(大正7年)1月18日、飯沼観音前にあった吉野旅館に部屋を取るが、21日に意識不明。
翌、22日の夜に息を引き取り、翌年に海静寺に終篇碑が落成する。
f0263613_19522578.jpg

この海静寺の高台には阿弥陀堂(琴平堂)があり神仏習合、阿弥陀仏と大物主命が祀られている。
仏教伝来、廃仏毀釈以前、この国ではそれが当たり前の風景だった。

「日本を正しく理解するには、日本の風土を組み立てて郷土をしっかり見なければならない」
これは吉田博士の言葉であるが、「日本」「風土」「郷土」を別の言葉に置き換えれば、全てに通用する重き言葉だ。
f0263613_1959535.jpg

また、ここの高台から見る眺めはまさに絶景。
隠れた銚子の名所だと思える。
しかし、かつての銚子には本当に多くの知識人、文人等が来訪している。
それは、当時の銚子にはそれだけ何か惹きつけるものが備わっていたのだろう。
[PR]
by boogie444 | 2013-11-12 19:59 | 歴史&散歩 | Comments(0)

ZET ROCK VOL3(FROM JET GENNOUS)

千葉ワナビーズでのLIVE前夜、ベースのタケオが事情で出られないと連絡。
俺らの曲はベースのみのパートがある曲が幾つもある。
思わず頭を抱えたが曲の構成自体全て練り直し、当日タッキーとスタジオにて試行錯誤。
結果、開き直りステージに上がり、あの状況からやり切ったと思える。

途中、トラブル知った友人からメールや友人達の声。
「あの人だったら、一人でもやる」
それを心底、嬉しく思う。
これはROCKERとしての誇りだ。

だが本来、俺らのバンドは3ピース。
次はタケオのベースがガンガン鳴る状態で行くので宜しく。
f0263613_107753.jpg
f0263613_1073543.jpg

DJあさみプレゼンツ、サーティナイツVOL6、楽しかった。
世の常に付きまとう、つまらないものがあるのなら、そこから外れた最高の人たちもいる。
そんな余韻に浸れる日は、やはり最高だと思う。

それとJET GENNOUSからのお知らせがある。
以前、地元周辺でも真摯に活動しているバンドや、デビュー戦の場としても行っていた自主企画ZET ROCK。
師走の最中に復活します。

ZET ROCK VOL3(FROM JET GENNOUS)
12/7(土)旭KITCHEN&BAR GUMBO
OPEN 19:00 START 19:30 TIKET ¥1500(1d)
ACT/カミーユオブザラズベリージュース/CODA.
/THE DAMFINO/DROPS/JET GENNOUS

遠征ともにしたバンドや、友である鹿島15GARAGE勢。
未来へ紡ぐ高校生バンドや、これからガチで活動していくバンド。

うまく合致する言葉は無いが本当に皆、好きでやっている奴らだ。
12月は何かと忙しいだろうが、何卒宜しく頼んます。押忍!
f0263613_2065852.jpg

それとJET GENNOUSは今のところ、この自主企画が年内LAST LIVEになる予定だ。
[PR]
by boogie444 | 2013-11-06 10:20 | JET GENNOUS AND MORE | Comments(0)